FC2ブログ

東京視力回復センター 福岡

東京視力回復センター 福岡センターのブログです。
Posted by ふく おかこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ふく おかこ   0 comments   0 trackback

信号機

九州産業大の教授(環境デザイン)が世界で初めて開発した、
黄色と赤色を識別しづらい色覚異常の人も見やすいユニバーサルデザイン信号機を
東京都港区の芝郵便局前交差点に試験設置されることとなりました。


特殊なLED(発光ダイオード)で「×」印を示し、色覚異常の人には「×」が
認識されるが、一般の人には違和感がないよう色合いを工夫されています。
色覚異常は、日本人男性で20人に1人、女性で500人に1人の割合で
症状があるとされています。近年、信号機は電球式から消費電力の少ないLED式に
変わりつつありますが、色覚異常の人には赤色と黄色がより同系の色合いに見え、
街路灯もある夜は、さらに認識が難しいのです。

企業の協力で開発された、通常より4倍明るく光る特殊なLEDで「×」を表示します。
一般の人には一見ピンク色に見えますが、100メートル離れると
赤色に紛れて判別出来ません。
一方、色覚異常の人はLEDの光に含まれる青色を感じ取るため、
×印が鮮明に分かるのです。

警察庁や福岡県警に有用性を訴え、先月末から福岡市東区で公道実験がスタート。
東京都内では、色覚異常の専門外来がある、
東京慈恵会医大病院近くの交差点が設置場所に選ばれたということです。


今後の実用化に向け試験を行っていくということです。
これから、多くの方が快適に運転できる環境が整っていくと良いですね

tumblr_lz0jf4Lg3N1qzo3c9o1_500.jpg



ランキング参加中
↓クリックお願いします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。