FC2ブログ

東京視力回復センター 福岡

東京視力回復センター 福岡センターのブログです。
Posted by ふく おかこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ふく おかこ   0 comments   0 trackback

お知らせ

久しぶりの更新となり、申し訳ございません。
ご無沙汰しております。

さて、今回は重大なお知らせがございます。
東京視力回復センター福岡のHPがリニューアルされました。
それに伴い福岡のブログも、そちらのHPで更新していきたいと思います。

より皆様に密着した内容での更新を考えておりますので、今後とも
よろしくお願い致します。

福岡センター新HPアドレス

新ブログアドレス


スポンサーサイト
Posted by ふく おかこ   0 comments   0 trackback

ICT教育

2011年度の調査では、公立学校のコンピューター1台当たりの児童生徒数は
6.6人。電子黒板は、前年度比約2割増の7万3377台が導入されています。
政府は2019年度までに、全ての児童生徒に情報端末を配備する計画を
打ち出しています。

1人1台ずつ配布されたタブレット端末に、教師が問題を無線LANで一斉送信。
児童生徒が端末に書き込んだ答えは、壁一面に大きく映し出すことが出来たり、
授業の内容に応じて動画を配信したり、カリキュラムを進めていくなど
まさに【未来の教室】です。

義務教育段階からICTを活用することで、授業が分かり易くなり、
学習への興味、関心を高められるという点では良いのかもしれませんが、
身体や眼、コミュニケーション能力への影響が懸念されるところです。
果たして、成長期の子供の身体に対し、長期的にタブレット端末や
パソコン等を用いて、影響が無いと言い切れるのでしょうか…。


様々な意見や見解はあるのでしょうが、
私個人の意見は、健康面や成長面に於ける安全面が保証されるまでは
導入に『待った』をかけたいところです。

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


ランキング参加中
↓クリックお願いします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村


Posted by ふく おかこ   0 comments   0 trackback

テクノストレス眼症

以前はVDT症候群と呼ばれていましたが、いまは【テクノストレス眼症】と言うようです。

【テクノストレス眼症】はディスプレイを凝視している際、まばたきの回数は通常の4分の1以下と減ってしまいます。涙の供給が減るうえに蒸発する分が増え、目の表面が乾いた状態になり、ひどくなるとドライアイに。

血流障害で頚肩腕症候群になり首や肩の凝りなどさまざまな支障が出てきます。

要因としては、画面の大きさや、目との距離、部屋の照明、温度、湿度等の外的環境要因、またストレスなど
心理的な内的環境要因の関与もあるとされています。

予防策は・・・

①姿勢。画面から40cm以上の距離をとり目から画面上端を見下ろす角度が水平から10度以内。肘は90度

②作業時間。連続作業は60分以内とし、休憩を10分以上摂る。できれば、毛様体筋が過緊張状態になっているので30分に一回は遠方の景色を見るといいでしょう。


③環境。電球などの光源が目に入らないようにし、書類等の照度を300~1000ルックス

④蒸しタオルを閉じた瞼の上にあて、血行や涙の分泌をよくする。

ますますPCの時間が増えます。酷い状態にならないうちにできることをやり、自身の目を守りましょう。

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


ランキング参加中
↓クリックお願いします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村
Posted by ふく おかこ   0 comments   0 trackback

猫の錯覚

今回は猫に目の錯覚の絵を見せるとどうなるか

という動画がありましたのでご覧ください

癒やされます


動画は↓↓↓↓↓↓↓こちらから





近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

Posted by ふく おかこ   0 comments   0 trackback

猫の見えている世界

猫の見ている世界
猫にはこの世界がどのように見えているか興味はありませんか?

猫は人間と同じように眼から入った光は網膜から視神経を通して
情報が脳へ送信され映像として認識することができます。
この網膜には明るい場所で色を感じる「錐状体」と
薄暗い場所で明暗を感じたり、急激な動きを感知する「杆状体」という
二つの細胞があります

猫は薄暗い場所で明暗を感じる「杆状体」の最高密度は人間より高く、
明るい場所で色を感じる「錐状体」の数は人間に比べ非常に少なくなっています。
つまり人間は明るい場所ではっきり見えるように「設定」されていますが、
猫は基本的に暗い場所でよく見え、狩りに役立つように
「動き」を検出しやすい視覚システムに「設定」されています。

また、猫は「眼の大きさ÷ボディーサイズ」値が哺乳動物の中で
最も大きいといわれており、体のわりに眼が大きくなっています。
さらに自由自在に瞳孔の大きさを変化させることが可能で、
最大時は人間よりも大きくする事もできます
また網膜には光を増幅する機能もあるようで、猫は暗闇でも
少ない光を感じることができ、人間の6倍良く見えているとも言われています

また、猫は白黒でしか見えないという通説が一般的ですが、
猫にも色感があるという仮説を裏付ける根拠となりうる研究もいくつかあります。
人間は明るい場所で色を感じる錘状体が3種類ありますが、
猫も人間と同様に錘状体が3種類あり、色を見分けることができると言います。
しかし人間の視覚のような鮮明な色感はないと考えられており、
ぼやけたパステル調ではないかと信じられています。

まだまだ、わからない事が多い段階ではありますが猫を飼っている人からすれば
少しでも飼い猫の事を理解できると嬉しくなりますね

ランキング参加中
↓クリックお願いします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。